awsでEC2を運用するならecsの活用を検討しよう

パソコン1

クラウドサービスが広まっている中で大手であるアマゾンが提供するawsに注目する企業が多くなりました。クラウドコンピューティングをする上で効率的に運用できるサービスが多岐にわたって提供されているので興味がある人も多いでしょう。

EC2を使うというケースが多いですが、その際にはecsの利用も検討してみるのが大切なので、その理由を概説します。

→awsの運用代行は比較してから依頼しよう


awsのメリットを生かせるEC2

awsのクラウドサーバーシステムを利用するときにはどんなサーバーにするかも選ぶことができます。提供されているサービスの中でも最も人気があるのがEC2で、Amazon Elastic Compute Cloudのことを指しています。

このサーバーシステムの特徴はElasticであるということで、弾力性があるサーバーを提供してもらえるのが特色です。awsでは割り当てられた領域に自由に仮想サーバーを構築して運用できる仕組みになっていますが、実際に使っているとスペック的な問題が生じてしまうことがよくあります。

その際にEC2の機能を生かすとスムーズな運用ができるのです。awsで割り当てられた領域に仮想サーバーを二つ作ったとしましょう。そして、運用してみた結果として一方のサーバーはほとんど利用されていないのに対し、他方のサーバーは常にトラフィックが激しく、ディスク容量も不足してしまう状況が生まれることがあります。

このようなときに適切なリソースの配分ができる仕組みになっているのがawsのec2の特徴です。サーバー単位であるインスタンスを複数用意して適切な分割をすることでリソースを適切に運用できるようになっています。

この仕組みをよく理解して仮想サーバーを構築すれば、限られたリソースを最大限に活用できる体制を整えることが可能です。

ec2で利用できるecsとは

ec2を運用するときには大きなサーバー領域を割り当ててもらった上で、必要数のインスタンスを作成して切り分けていくのが基本になります。それぞれの仮想サーバーに対して適切なシステムやアプリ、サービスなどを構築していくことで現場で運用しやすい体制が整えられるのは明らかでしょう。

ただ、その構築にかなりの手間がかかることは否めず、可能であれば簡単に仕上げられるようにしたいと考えるのはもっともなことです。その際に有用なツールの一つがecsで、Amazon Elastic Container Serviceとして知られています。

ecsを活用するとDockerコンテナを利用できるようになるのがメリットです。インスタンスを作成していく際の方針として、例えば部署ごとに異なるサーバーを利用できるようにするという考え方があります。これによって部署ごとにawsのどのサービスを利用したかがわかり、運用状況に応じてかけた費用と出した成果についての評価をしやすくなります。

ただ、このような切り分けをすると問題になるのが各サーバーでのサービスの構築です。どの部署であっても共通して使用するサービスも多く、それぞれに対して構築することになるのは大きな手間になります。しかし、ecsを利用すればコンテナをデプロイするだけでサービスを利用できるようになるので簡単にインスタンスを構築できるのです。

ecsを使うのにかかる費用

awsの提供しているサービスは大半が課金制になっているため、ecsを利用するときにもコストがかかるだろうと考えるのが普通でしょう。ecsの運用で追加料金がかかるかどうかは運用の仕方によって異なります。Fargate起動タイプのecsを利用するときにはvCPU単位あるいはGB単位で料金がかかる仕組みになっていますが、このようなサーバー負荷に関連した料金体系になっているのは他のサービスと同じです。

一方、EC2起動タイプの場合には特に料金が発生しません。EC2を利用するときに必要なawsリソースに関する費用は請求されることになりますがecsそのものに対して費用負担はないのです。この点からもEC2を利用するケースではecsを積極的に使う価値があります。

運用上のメリットはよく考えよう

Dockerコンテナを使えるようになるのはecsを活用するメリットですが、運用する上で本当に大きなメリットを得られるのかはよく考えることが必要です。あまり仮想サーバーをたくさん作ることがなく、aws以外のサーバーを利用することもないという場合にはあまりメリットは大きくありません。

他のサーバーでも全く同じサービスを使えるようなサーバーを簡単に構築できるのがDockerコンテナを使うメリットだからです。EC2で利用するなら追加料金がかからないのでデメリットはないでしょう。ただ、運用を担当するエンジニアがDockerコンテナの運用に慣れていない場合にはかえってインスタンスの構築に手間がかかるリスクがあるので注意しなければなりません。

運用方針に応じて監視体制も整えよう

awsを利用するときには割り当てられた領域の監視をすることが必要になります。ecsを利用するときにもそれぞれのインスタンスについて監視する体制を整える必要があるということは念頭に置いておきましょう。一括してどのインスタンスも監視できる体制を整えるのが一般的には合理的ですが、運用方針に応じてどんな体制が良いかはよく考える必要があります。

ecsによって各インスタンスに構築したサービスを同じように監視していれば良いとは限らず、利用が多いインスタンスの監視を強化するなどの対応をした方がより効率の高い運用ができる可能性もあるからです。

監視体制を整える上で欠かせないのは運用状況を適切に把握することです。

たった今の状況を見て障害を解決するための対策を講じるだけなら自動化をして処理することもできます。しかし、将来に起こり得るトラブルを未然に防ぐための対策をするには今の状況を監視しているだけでは困難です。今までの状況について十分なログを取り、これからどのように変わっていく可能性があるかを考えて対処することが必要になります。

事業が今後どのように展開されていくか、現場でどんな業務が行われていくかによっても状況は変わるでしょう。その情報を的確に収集して運用しやすい体制を整えていくことが監視をする上で欠かせないのです。

EC2を使うならecsの活用も考えよう

クラウドコンピューティングを活用していく上ではawsのEC2が魅力的ですが、多くのインスタンスで共通するサービスの構築には手間がかかりがちです。ecsを使ってDockerコンテナを活用できれば負担は軽減されるので、EC2を使うなら積極的に利用しましょう。

それと同時に監視体制についても考えておくことで円滑に運用できる体制が整います。

参考リンク「CloudCREW - aws運用代行」https://managed.gmocloud.com/managed/